女ばかりの職場はめんどくさい?そんな職場で上手くやる6つのルール

女 ばかり 職場 めんどくさい

みなさんは、 いまどんな職場で働いていますか? 大人数や少人数、男性・女性ばかりなど職場って本当に、いろいろですよね!

まりもはというと職種は変われど、気が付いたら女ばかりの職場で約15年ほど働いていました

若い時は気が付きませんでしたが(たぶんすごい鈍感)年をとるほどに

女の面倒くさいバトルが嫌でも目に入るようになって、げんなりしていました笑

それでも、仕事が好きだったのと仲の良い子もいたためすぐに仕事を辞めるという選択はありませんでした。(しかし、日常的に起こるバトルにかなりうんざりしていました。)

 変なストレスを受けないよう巻き込まれないようにと自分なりの

ルールを設けたことで、他人からストレスを受けにくくなったり

自然に自分を守ることができていたんです。

今回は、まりもが女同士の職場で自分を守るために実践していたルールをお伝えしていこうと思います。

女だけの職場でうんざり気味の方や悩んでいる方に少しでも力になれば!

  こちらもおすすめ! ↓

 

      ▼ 就職SHOPは書類選考なし!あなたのやる気が評価される求人多数

女ばかりの職場…ここがめんどくさい!

女ばかりの職場はめんどくさい

女ばかりの職場は、 はっきりいってぜんぶがめんどくさいです! 笑 なかには本当にみんな仲が良くて、気持ち良い職場もそれはそれは、あると思いますが

でもそんな爽やかな職場はまれで、ほとんどは何かしら問題を抱えているんではないでしょうか・・

では、 女ばかりの職場って何がめんどくさいの でしょう、まとめてみました!

噂がたつと一瞬で伝わる

これは鉄板というか、あるあると分かる人も多いのではないでしょうか。特に女同士の噂話って、火が付いたようにあっという間に広がる んですよね、

男女の職場の場合にも、共通することかもしれませんね。男性上司が女性社員に高圧的な態度をとったら、あっという間に噂が広がり結局、男性上司は遠くの支店へ飛ばされた・・・というのも友人から聞いたことがあります。どうやら、その上司は女性社員みんなから嫌われていたみたいなんです。

男性がいる職場だと、こういう嫌な男性上司などが標的になりますが女同士の職場の場合は、噂の対象も女になるため、こじれるとめんどくさい展開になるんですよね。

計算高い女が必ず1人はいる

必ずといっていいほど、登場するキャラが「計算高い女」 です。しかも、見るからにプライドが高そうな女や自信満々な雰囲気から駄々洩れしている場合もあれば見た目はふつうにおとなしそうなのに、腹の底は真っ黒黒な場合もあります。

どっちが怖いかは、どちらも怖いですが後者の方ではないでしょうか。みんなに良い印象を抱かせて裏では闇の黒幕だったり、自分の得する情報を仕入れて損しないように上手くうまーく立ち回る!

なぜか、女の職場には1人はいるタイプ!めんどくさすぎる!

ネチネチ&マウンティング

女ばかりだと、性格が合わない、あの子気生意気などいろいろな問題が起こります。正々堂々とお互いカミングアウトして真っ向勝負するならまだしもお互い表面では仲がいい振りをして裏では相手の悪口を言いまくるネチネチ劇場 。それが、女の職場です。(まりもの経験上)

ある友人は、職場の子とプライベートでもよく遊んでいました。はたから見ても仲いいなという感じでしたが友人は、いつもその子は自慢話ばかりしてきて私生活や洋服などいろいろ比べマウンティングしてきて嫌だと言っていました。

そんな風には一見、見えないのにと衝撃的でしたが、友人はその子に勝手にライバル視されていたようです。仲良いと思いきや・・・ほんとめんどくさい!

 

▼リクルートが運営する就職SHOPはサービス無料で安心!

未経験・書類選考なし・働き方が選べる!続けられる仕事は就職SHOPへ

女ばかりの職場で上手くやる6つのルール!

女 ばかり 職場 めんどくさい

では、女ばかりの職場で上手くやるにはどうしたらいいのでしょうか。

まりもが、女の職場にいて 自分で意識してやっていたこと、自然に身についていた6つのルールをご紹介します!

1. 基本は仕事場・仕事上のつきあい

基本的には、仕事だけのつきあいだという割切り を持っていましょう。

女同士がバトルを繰り広げてしまうと、感情的になって仕事場というより「だって」「でも」とお互い譲らずここは女子高なのかという雰囲気になってきます。さすがに大人なので、感情を抑えきれないときは冷静さを取り戻すため距離感を保つために 「トイレ」や「休憩室」へクールダウンしに行くこともありです。

基本的には、仕事場で仕事上のつきあいなだけだと割り切った意識を持っておけば感情的になりすぎることもないと思います。

2. 嫌いな相手には刺激しない程度に接する

やはり、人間なので職場にどうしても嫌いな人がいる状況 も出てくると思います。

そんな人にはなるべく関わらない、近づかないことが一番の安全策でもありますがどうしても席が近かったり、同じチームだったりで毎日、顔を合わせないといけない場合もありますよね。

そんなときは、とにかく 嫌いな相手を刺激しないようにするのが一番かなとまりもは思います。話す必要があれば、仕事などの必要最低限のことだけ話す。かといって、明らかに自分が相手を嫌いとわかるような無視をしたり、そっけない態度は出さないようにしましょう。

とにかく、仕事に集中してますオーラを出して必要最低限、仕事に支障がでないように関わるくらいにしておくのがいいです。

3. 仕事はきちんとこなす

職場で、女同士のいざこざが起きたり問題にぶち当たったりしたら精神的にもがくっときてしまいますよね。仕事もやる気がしないし、早く帰りたい!まりもも何百回思ったことか!

でも、職場のトラブルが起きたとしても仕事は仕事で回さなければなりません 。そんな時こそ、 それとこれとは別問題と切り離して、きちんと淡々と仕事はこなしていきます。

意外と、問題が起きている時ほど仕事に集中できたりもするの意外に、集中力を鍛える練習にもなっていたような気がします笑

4. プライベートを話せる人を見極める

女の職場は、噂話があっという間に広がるというのはお伝えしていますが良い話も悪い話も一瞬のスピード で伝わります。だから自分のプライベートをどこまで話すかというのも見極める必要がありました。

仲良しで、お互いのプライベートも包み隠さず話せる仲間もいましたが反対に「この人は危険そう」「この人はどこまで言っていいのだろう」と思う人も職場にはいました。

そう思う人に限って、何かひっかかる部分があるため(外面がいい、後輩にいじわるなど)なんか自分のなかでうーんと感じる人には進んでプライベートなどはせず、つっこまれても上手くごまかしていました。

聞かれるがまま、先輩に自分のことなど何でも話していた友人は先輩に変に話を大きくされて上司にまで伝わっていたこともありましたよ!そんなことが日常茶飯事に起こるから怖いですね。

5. 悪口は仕事仲間じゃない仲間と

女の職場にて、文句ひとつ悪口ひとつないっていう理想の職場 あるんでしょうか。

人間ですもの、文句のひとつやふたつ出てきても当たり雨だと思います。まりもも当時、文句はたくさんありました!でも、なるべく職場では文句は言わないようにしていました。

とくに一緒に働いてる職場の人の悪口や文句は、職場でなく昔から仲の良い信頼できる友達といるときに話したり、相談したりしていました。

当時、過去最強レベルの女リーダー に悩まされていたことがありそのときばかりは、友人たちにお世話になりましたね!時が過ぎれば、ネタですが当時は悩んだりストレスではげるかと思いました笑

しかも、それぞれ違う職場でさまざまな悩みを抱えたりしていたのでお互いに相談したり解決法を考えたり、異なる環境だからこそ見えてくることもありました!

だから、なるべく職場の悪口は仕事仲間じゃない仲間に言うのがおすすめです。

6. おひとり様・変わり者キャラの確立

これも、自然となっていたんですがまりもは昔からおひとり様で何でもへっちゃらでした。牛丼もラーメンも、旅行もいろいろやっていたため独身時代の夏休みとういえばストレス発散の旅行が恒例でした。

しかも、夏の時期とずらして休みをとっていたため友達となかなか休みも合わせずらかったというのもあります。そんな理由もあり、一人旅を楽しんでいたことも多く周りからはおひとり様平気キャラと認識さ れていたようです。

女同士の職場だと、誰かと群れていたい人の方が多い印象ですよね。実際「1人で牛丼?旅行?いけないー!」と言う意見のが多かったので、まりもはちょっと変わり者だったと思われていたのかもしれません汗

それが逆によかったのか、 気分転換したいときは群れを抜けて外にランチに行ったり、 嫌な人にあまりプライベートを話さなくてもよくなったり何気にめんどうなことがなくなった気がします。

やりすぎは孤立してしまうので禁物ですが、適度に距離を保ちつつ 「おひとり様・変わり者キャラ」を確立するのも良いですよ!

 

▼リクルートが運営・続けられる仕事探しは就職SHOP!

書類選考なし!あなたのやる気が評価される求人多数の就職SHOP▶

さいごに

女ばかりの職場はめんどくさい
上手くやる5つのルールまとめ!
  1. 仕事と割り切る!
  2. 嫌いな相手は刺激しない!
  3. どんな時も仕事はきっちり!
  4. プライベートをペラペラ話しすぎない1
  5. 悪口・文句は仕事外の仲間と!
  6. 仕事場でキャラの確立もよし!

女の職場は、やっぱり独特なんだなと初めて感じたことがあります。

結婚後、パートで少しだけ事務の仕事をしたことがあります。そのときに、初めて女性と男性が入り混じっている部署だったんです。

ベテランの女性が沢山いたんですが、ピリピリした雰囲気になると 男性社員がそれを察してなのか?受け答えしたり、最後には面白おかしい話をして、場がなごんだり笑いが起こったり していました。

そのときに、まりもは男性社員のナイスプレーというか「女子の職場にはない雰囲気」をものすごく感じました。

セクハラとかパワハラとかはもってのほかだけど、男性がいるおかけで調和されている!すげー!と女子職場にどっぷりつかっていたまりもは感動さえ覚えました笑

そんな、職場ばかりだったら世の中平和なのですが、女の職場で悩んだり踏ん張っていたりしている女性も本当に多いと思います。

まりもの自己流ルールもも混ざっていますが、そんな女の職場でこのルールが少しでも上手く役立ってくれれば幸いです!

 

    ▽リクルートの運営する「就職SHOP」で続けられる仕事探しませんか?

未経験・書類選考なし・働き方が選べる仕事を就職SHOPでみつけよう▶

 

 

          こちらもおすすめ! ↓

            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です