【父の日の由来】白いバラの意味は?黄色や赤・ほかの花は?お父さんに感謝を伝える日!

父の日の由来 白いバラ 意味

母の日の約1か月後にはやってくる6月の第3日曜日「父の日」 ! 

みなさんはどのような贈り物をしていますか。

ちなみに2020年の父の日は6月21日 です!

まりもは、父の日に何をあげようかなと毎年悩んでおります。

結局、食べ物やお酒などになってしまうのですがものではなく

父の日はバラをあげるのが一般的だったんだと最近、知りました汗

そこで、今回は父の日の由来や白いバラだけでなくいろいろな色のバラの意味

ほかの花も贈ってよいの?などをご紹介していきます!

  こちらもおすすめ ↓

 

父の日の由来

の日の由来 白いバラ 意味

父の日は1910年にアメリカのソノラ・スマート・ドット夫人が提唱 したのが始まりといわれています。

このドット夫人は、幼いころに母親を亡くしており父親に育ててもらっていました。

当時は、南北戦争直後の不安定な時期でもありドット夫人の父親の苦労は大変なものだったと思います。

それでも、男手ひとつでドット夫人を立派に育て上げた父親に感謝の意味も込めてドット夫人は

「母親の日があるなら父親の日もあってもよいはずだ」 と父の日を広める活動をし始めました。

そして、あるとき協会で父の日の祭典が開かれることになります。

その日が、ドット夫人の父親の誕生日(6月の第3日曜日)であったことから

1972年に父の日が制定されたとき「6月の第3日曜日」が父の日となったのです。

現在では、世界中で知られている「父の日」にはこのような歴史と由来があったのですね!

まりも
歴史は浅くてもこんな濃い歴史があるとは!

バラの意味

の日の由来 白いバラ 意味

父の日の花は、「バラ」 を贈るのが風習となっていますがこれは父の日の提唱者のドット夫人が

父親が亡くなったときにお墓に「白いバラ」を添えたことで父の日にはバラを贈ることになりました。

では、バラといっても色によってそれぞれ贈る意味や相手が変わってくるのですが

どんな意味が込められているのでしょうか。

バラの色と意味とは
  • 白いバラ⇒ 白いバラは亡くなった故人に贈る花とされています。

      「心からの尊敬」などの花言葉の意味があります。

  • 黄色のバラ⇒ 日本では黄色は「家族の愛情」を意味する色とされていたため

       黄色のバラを贈る風習があります。

        花言葉の意味は「友情」「献身」のほかに

        「薄れゆく愛」や「別れ」などの意味もあります。

  • 赤いバラ⇒ アメリカでは一般的に健在である父親には赤いバラを

       贈る風習があります。

        また「情熱」「愛情」などの花言葉の意味があります。

白いバラは、亡くなった故人に贈る花とされているため

アメリカでは健在である場合には、赤いバラを贈る風習があります。

白いバラの花言葉は「心からの尊敬」、赤いバラは「愛情、情熱」と

父親へ贈る花ことばにはぴったりですね!

日本は黄色のバラを贈る

日本では、1981年に日本ファーザーズデイ委員会か開催した「イエローリボンキャンペーン」

父の日には黄色いリボンをつけたものを贈ろうというキャンペーンから父の日=黄色 という

イメージが浸透していったと考えられます。

本来の父の日のバラを贈る風習と合わさり日本では父の日には黄色いバラを贈るというのが

一般的となっています。しかし、黄色いバラには花言葉に「別れ」などの

意味もこめられているため気になる場合は黄色いバラと一緒にほかのバラを

混ぜて贈る方法がおすすめです。

まりも
花言葉が気になってしまう人は、アメリカのように赤いバラを贈るのもおすすめですよ

関連記事 ↓

 

バラ以外の花を贈っても大丈夫?

の日の由来 白いバラ 意味

父の日に「バラ以外の花」を贈っても大丈夫なのでしょうか。

もちろん、バラ以外の花を贈って大丈夫 です!

ではどんな花が父の日にぴったりなのかご紹介していきます。

バラ以外ならこちらの花
  • ひまわり ⇒ 元気なイメージの強いひまわりは花言葉も

       「憧れ」や「敬慕」という意味があり男性に贈る花としても

         人気がある花です。

  • ガーベラ ⇒ さまざまな色があるガーベラの花言葉は

       「親愛」や「親しみやすさ」という意味があります。

ひまわりもガーベラも元気で色鮮やかなイメージで父の日にぴったりですね!

バラは父親のキャラじゃないなーとか、女性のイメージがどうしても強いという方は

ぜひ、このような花を選んでみてください!

母の日の贈り物ならこちら ↓

 

まとめ

父の日は、母の日と比べると存在感がすこし弱いイメージもありますが

母の日が1914年に制定され、父の日は1972年と約50年ほども差 があるんですよね!

母の日よりもかなりあとに、父の日が制定されたのもあり

父の日はゆっくり徐々に浸透していったのでしょうね!

母の日と同じく、お父さんに日ごろの感謝を伝える貴重な日でもありますよね。

1年に1回のありがとうを伝えられる大事な機会でもあるので、

ぜひ父の日に感謝の言葉と一緒にお花を添えて 伝えてみてくださいね!

こちらもおすすめ ↓

 

 

            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!シングル主婦をやっております。まりもと申します。現在、モラハラ夫と別居中で、年中さんのまりぶーたん、ジイジ、バアバと暮らしております。離婚に向けて自立を目指しながら自身の体験をもとに同じようにモラハラや離婚で悩む方々の役に立てばという思いと自分の記録としてブログを始めました! 子供のことや大好きな横浜周辺の子連れ情報&イベント情報も発信中!よろしくお願いします