お花見とは?花見の起源・何するの?実は日本だけの文化だった?!海外との違いも

お花見とは 花見の起源

春といえば「桜」! 桜といえば「お花見」 ですよね!

日本人ならお馴染みの桜を楽しむお花見ですが、このお花見がいつ始まったのか知ってますか?

日本人にとって当たり前にあるイベント「お花見」には長い歴史があったんです!

そして、桜は日本だけでなく海外にもたくさんあるのに

どうして海外ではお花見ってみかけないんだろう・・ とまりもは不思議に思ってました!

今回は、日本人が大好きなお花見について起源や日本と海外の違い

お花見ってそもそもなにするのと思っている人にも「お花見」について

いろいろとご紹介しちゃいます!

  こちらもおすすめ ↓

 

お花見の起源とは

お花見とは 花見の起源

お花見の始まりは、奈良時代までさかのぼります。

奈良時代では桜ではなく花と言えば「梅の花」がメイン でした。

梅の木の下で貴族が集まり宴を行ったことから現代に通じる「お花見」が始まったと考えられています。

そして時代は変わり、華やかな平安時代になるとこれまた楽しいこと好きな貴族たちが

今度は桜の木の下に集まり宴 を行いました。

花見のメインの花は梅から桜へと代わり、桜の花を楽しみながらお花見を楽しみました。

江戸時代に入ると、貴族だけでなく一般庶民の間にも「お花見」が定着 していきます。

そして、時代は変われど現代まで春は桜を見て「お花見」をするという文化が根付いてきたんですね!

ほかにもお花見の起源は、その年の農作物の良し悪しを占う農事であったというような説もあり

どちらも昔から日本人にとって桜は切っても切り離せない花だったのがわかりますね!

 

お花見って何するの?

「お花見」っていったい何するの? って思う人もじつはいるのではないでしょうか。

お花見の楽しみ方は、人それぞれでたくさんありますが

代表的な楽しみ方をいくつかご紹介していきますね!

お花見の楽しみ方
  1. お弁当を持って食べて飲んで楽しむ
  2. お花見イベントやお祭りに行って楽しむ
  3. お花見をクルーズで楽しむ
  4. 夜桜を見て楽しむ

1. お弁当を持って食べて飲んで楽しむ

お花見では、みんなでお弁当を持ち寄ったり美味しいもの を食べたり

このときばかりは昼間からお酒を飲んだりして

桜をながめながら、みんなで宴会をする姿が多くみられますね!

2. お花見イベントやお祭りに行って楽しむ

お花見シーズンには、全国でイベントやお祭りが開催 されています。

なにすればいいの?と思っている人は、一度このような

イベントやお祭りに行って、お花見気分を楽しんでみましょう!

3. お花見をクルーズで楽しむ

桜の木の下でお花見するだけでは、物足りない!という人は

川辺に咲く桜や水面からの桜の景色を楽しめる「クルーズ」 をおすすめします!

一味違ったお花見の雰囲気を楽しむことができますよ!

   お花見クルーズならこちらも ↓

4. 夜桜を見て楽しむ

お花見の楽しみ方は、昼間だけではありません!

ライトアップされた夜桜はさらに素敵なお花見 を演出してくれます。

幻想的な桜を見たい人は「夜桜」でお花見を楽しみましょう!

  横浜で穴場のおすすめお花見スポットならこちら ↓

お花見は日本だけ?海外との違い

海外でもたくさんの国に桜はあります。

でも、日本のように桜の木の下でお花見をする風景はほとんどみられません。

満開の桜を楽しもうとする人たちはいても、海外では歩きながら鑑賞する程度です。

いったいなぜでしょうか。それにはこの様な理由が関係していそうです!

日本と海外での違い
  1. 海外にお花見という文化がない
  2. 海外では外でお酒を飲むことを禁止されている国が多い
  3. お花見をできるような気候ではない

1. 海外にお花見という文化がない

日本のように、昔からお花見をするという文化がそもそも海外にはない ため

地面に座り込んで飲んだり食べたりすることにも抵抗があったり

歩いて見られれば十分といった感覚なのではないでしょうか。

2. 海外では外でお酒を飲むことを禁止されている国が多い

日本では外でお酒を飲んでも大丈夫ですが

海外では屋外での飲酒は禁止されている国が多くあります。

お花見をする姿をみかけないのは、このような理由も関係していそうです。

3. お花見をできるような気候ではない

日本では3月から4月にかけて徐々に暖かくなってくる春にちょうど桜が咲きお花見ができます。

しかし、海外も日本の様に桜が咲く頃に暖かくなっているとは限りません。

寒かったり、雨が降りやすいなどの気候のため

日本のようにお花見ができる環境が揃っていないというのもあるでしょう。

まりも
海外でお花見を見かけないのにも色んな理由があったのかも!

日本人だからこそのお花見!

海外からみたら、お花見は独特で幻想的なもの に見えるようでお花見をしたくて

お花見シーズンにわざわざ日本に来る外国人観光客も多くいます。

日本の名物でもあるお花見は、各地でいろいろなイベントやお祭りが開かれていて

日本人にも欠かせない一大イベントです。

最近のお花見事情は・・

しかし、いくらお花見会場や公園内にゴミ箱が設置されていても

近年のお花見会場には、沢山のゴミが溢れかえってしまい関係ないゴミまでその場に置いていってしまう人たちもいます。

世界からも日本人はマナーが良いとされてますが、これはとても残念なことです!

自分たちの出したゴミはできるだけ、持ち帰ったりゴミ箱に捨てている人たちが大半だと思います。

でも、なかには片付けをしなかったりゴミを放置してしまう一部の心ない人たちの行為があるのも事実です。

それでは日本人がはるか昔から大切に受け継いできた

日本人独自の「お花見」という素敵な文化を台無し にしてしまいます。

海外からも、注目されるほどの素敵なお花見文化を私たち日本人が守っていけるように

お花見シーズンは、皆が持ち帰れるゴミはきちんと持って気持ちよくお花見ができるよう心がけたいですね!

まとめ

お花見とは 花見の起源

いままで、一度はお花見をしたことがあるという人は多いと思います。

それくらい、日本人にはお花見が定着していますよね。

綺麗な桜を見ながらお花見を楽しむ方たちを春になるとたくさん見かけます。

まりもは、そんな人たちを見るとこっちまでワクワクしてきちゃいます!

みんなでワイワイ美味しい食べ物などを囲んでするお花見 は本当に楽しいですよね。

冬から春へ季節も変わり目ということもあり、桜のきれいな景色と空間のなかで

まりもも家族や友人たちと満開の桜の下でお花見したい!

まだ、お花見をしていない人もお花見を楽しみにしている人

今年の桜の季節は、家族や友人たちと素敵なお花見 を楽しんでください!

 

    こちらもすすめ! ↓



            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!まりもです。自立に向け奮闘中のママです! 主に横浜子連れお出かけイベント情報・韓国ドラマ・女の職場&女の生態 ほかにもママファッション・買ってよかったものなど色々紹介してます!             ツイッターとインスタグラムもやってます!  ↓ 応援してもらえたらうれしいです!