【横浜にカジノ】ハマのドン(藤木幸夫会長)は猛反対!林市長は市民の声は聞かない?場所・予定はいつ?

横浜にカジノ】ハマのドン(藤木幸夫会長)は猛反対!林市長

2019年8月22日横浜の林文子市長が会見して「横浜のカジノ誘致」を発表しました。

ずっと、カジノ問題は白紙状態としてきていきなり 「カジノ横浜に作りますから!」 という強行突破的な市長の行動にびっくり&怒りを抑えられない市民の1人まりもです。

今回は、個人的な意見も含めてしまい申し訳ないのですが、 大好きな横浜の大きな問題 を書かずにいられなかったため書いてしまいました。

カジノってどこにいつできるの?ということから、カジノに猛反対している「ハマのドン」まで、いろいろとまとめています。

林市長、怒って資料ぶんなげてる場合では、ないです!

 こちらもおすすめ! ↓

 

カジノはどこにできる?

では、横浜のカジノは、いったいどこに作るのでしょうか。

場所は「山下ふ頭」

場所は、たくさんの倉庫や物流が集まる横浜の港 「山下ふ頭」 です!47ヘクタールもの広大な敷地に、カジノ建設を行おうとしています。

山下ふ頭は、昭和28年(1953)から埋立を開始し、昭和38年(1963)に外貿のための埠頭として完成。昭和30年~40年代の高度成長期の横浜港を支える主力埠頭として重要な役割を果たしました。上屋や倉庫が数多く立地しており、近年では本牧ふ頭など主要埠頭を補完する物流機能を担っています。
現在、優れた立地特性を生かし、都心臨海部における新たな賑わい拠点の形成に向けて再開発を進めています。 出典:横浜市公式サイト

カジノのほかにも

横浜市は、 IR(統合型リゾート)計画のコンセプト「ハーバーリゾートへの旅」としていて

カジノ以外にも商業施設や小売店、アリーナやマリン施設、イベント施設、アトラクション施設、大型ショッピングモール、劇場、文化施設などの建設も視野にいれているようです。

また、ホテルも海外富裕層を対象としたラグジュアリーのコンドミニアムやたくさんの観光客にも対応できるワールドクラスのホテルを提案しています。

まりも
なんでも、あればいいってもんじゃないよね

いつできる予定?

もしカジノができるとしたら、 2020年代の後半に開業する予定 みたいでです。いますぐっていうわけではないですが、7-8年くらいはかかるんではないでしょうか。

横浜市民の9割が反対!

このカジノをふくむIR(統合型リゾート)計画について、2018年横浜市が平成30~33年度の素案に対する パブリックコメント(意見募集) を募集したところ、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への意見が20.3%を占めました。

「カジノ反対」・「まずやるべきことは市民の声を聞くこと」・「ギャンブル依存症が心配」「犯罪の温床となる」、「文化芸術創造都市にふさわしくない」など反対意見が多く横浜市民の94%「反対」という結果が出ました。

林市長が横浜にカジノを作ると発表

そして、2019年8月22日に横浜市長である「林文子」市長が正式に「横浜にIR(統合型リゾート)誘致する」と会見で発表されました。

これを受けて、さらに市民の猛反発はどんどん広がっています。それには、カジノ建設自体の反対はもちろん、このような理由もあるんです。↓↓

「白紙」から一転した強引な態度

林市長は、2017年の横浜市長選挙で横浜のカジノ誘致については 「白紙にする」 ということを市民に訴えて、市長に当選しました。市民の中には、カジノに反対で「白紙」にしてくれるならと林さんに投票した人も多くいたことでしょう。それからカジノについては、白紙状態が続いていました。

ところが、白紙が一転して8月22日の会見でカジノを誘致すると発表があったんです。これまでの、経緯からも市民にカジノ反対が多いということがわかってるのに勝手にカジノを作る!と決めてしまったんです。

それは、 みんな「え?なに?なんで?」ってなりますよね。市長選で投票した人の中には 「裏切られた」 という声も多くありますが林市長は 「裏切ったつもりはない」 と言い切っていましたね。

市長は住民投票をしないと断言

さらに、どぎもをぬかれたのがカジノ建設について賛成か反対か「住民投票はしない」と林市長が断言したことです!

まりもは、これを見て「独裁者ですか?」と突っ込みたくなりました・・・

同じ土地に住んでいる住民の意見も聞かないで、市長の意見だけで「横浜にカジノができる」なんてありえません!

 

「ハマのドン」こと藤木幸夫会長が猛反対!

この、林市長の会見を見てとくに黙っていなかったのは 「ハマのドン」 といわれる方です。ハマのドンの会見内容もふくめてどんな人なのかお伝えしていきます。

ハマのドンってだれ?

出典:ANNNEWSCH

「ハマのドン」  は 、横浜を中心に港運業などを営む藤木企業の会長で港運協会会長「藤木 幸夫」さんです。御年89歳!

まりもはドンの会見を見ましたが、とてもはきはきしゃべっていてユーモアもあって粋な方だなという印象でした。89歳とは思えない!そして、なにより「観光に来た人たちに横浜の歴史や美しい景観を知ってもらいたい、この先も子供たちにみせていきたい」、「公安人として山下ふ頭をばくち場になんかしない!自分1人でも守り抜く!」という強い横浜愛が素敵でした!

藤木さんは、当初カジノに賛成していた1人でした。でも、もっとカジノのことを知らなくてはと勉強をしたそうです。友人の紹介で「依存症学会」の最高峰の方と会い勉強会を開いてもらい「依存症の怖さ」を知り横浜にカジノができたら将来の横浜はどうなってしまうんだ、とんでもないことだと猛反省したそうです。

そこで山下ふ頭はカジノ以外でも十分、発展できるとしてカジノ以外のF1やディズニーなどの構想した 「ハーバーリゾート計画」 を林市長に提案していたとのこと。その矢先、返答もなくIR誘致の知らせが飛び込んできたといいます。

林市長の裏にいるのは?

「林さんには顔にどろを塗られた」 というドン。しかし、林市長を責めるつもりはなく、よく今まで我慢してきたなと逆にねぎらう言葉を送っていました。そして、

「(林さんに)泥を塗らした人がいるとよくわかっている」と意味深な発言もしていました。林市長を操る裏の人物をドンは「おまえだろ!わかってるぞ」と遠回しのに言っているんでしょうね。

「ハードパワー」とは

また、ドンは自分が小学生だったころ(昭和14年から16年)に感じた、「おかしいなこの国はどうなるんだろう」という戦争のときの変な空気と今の日本が似ているといいそれを「ハードパワー」と言っています。

記者が質問で、「ハードパワーの裏にいるのは、菅官房長官ではないかと思ったのですが・・・」というとはははと笑って「それは自分で決めて」と返しながらも

「菅官房長官は安倍さんの腰巾着、安倍さんはトランプの腰巾着、鼻息を伺うのは寂しいな」 とはっきり言っていました。

カジノに頼らなくてもいい!

「山下ふ頭はカジノに頼らなくても、発展できる場所」 として、昨年山下ふ頭でエグザエルのイベントを行ったことを例にそういうことをやっていきたいと話していました。1万人もの観衆が来たが非常にマナーがよくて、見た目はちゃらちゃらしてても中身は着物を着ているような観衆だと言い、そんな人たちに使ってほしいとしていました。

住民投票は負けるからやらない

林市長が住民投票をしない理由については、 「負けるからやらないんだよ」 とバッサリ。そうですよね

反対運動をしている市民については「態度や言葉にして反対している市民は尊敬に値する。自分も市民運動したいがオーバーランの男だから、周りから止められている(笑)」と個人的にでも反対運動している団体などは訪れたいと話していました。市民1人1人がカジノってどうなの?という意識をもって判断すべきだということも仰っていました。

 

依存症の苦しみを知る医師たちも反対運動

横浜市中区寿町で依存症などの治療をしている医師の皆さんが立ち上がって 「横浜へのカジノ誘致に反対する寿町介護福祉医療関係者と市民の会(KOTOBUKI ANTI-CASINO ACTION)」 略して(KACA カキャ)なる団体もできています。

中区寿町は、昔にビールや缶チューハイ片手に歩いている方々がたくさんいるから昼間でも1人で歩いたら危ないよというのをまりもは昔に聞いたことがあり

自ら進んで行ったことはないんですがたまたま車で通りかかったことはあります。

あくまで、そのときのイメージですが、なんだかここだけ雰囲気がちがうと感じずにはいられないそんな場所だったのを覚えています。

寿町では、さまざまな依存症を抱えている方が多いそうです。そんな方々などの診療を行いギャンブル依存症の怖さも知る 「ことぶき共同診療所」 「市寿町健康福祉交流協会診療所」 の医師の皆さんが横浜のカジノ誘致の反対運動を行っています。

私たちも、ギャンブル依存症の怖さについてもっと知らなくてはいけないなと思いました。カジノができれば、どんな対策をしても「ギャンブル依存症」が出てくるのは避けられないはずです!

資料ぶんなげてる場合じゃない!横浜市民の声を聞いて!

出典:YouTube

ここまで、いろいろとカジノのことについて思うことなどを書いてきました。

まりもは、個人的な意見になりますが 横浜にカジノはいらない! と思っています。理由はいっぱいありますが、ハマのドンと同じくとにかくカジノなんかなくてもほかの方法でも良いはずと思うからです。

あとは、何十年もさきのことを考えても子供たちに明らかにマイナス要素しか残らない気がしてならないことやみなとみらいや山下公園、マリンタワー、元町などの山下ふ頭からほど近い横浜の名所がカジノができることによって汚されていくイメージしかもてないです。

もちろん、経済が潤ったり最大の名所になるから、楽しそうだからなど反対意見だけでなく賛成意見もあると思います。

でも一番思うのは横浜市民の生の声を聞いてください!住民投票をしてくださいというのが、一番の想い&願いです。

林市長が会見後に怒り心頭で、資料をばらまいている様子が話題にもなっていますが・・・本当に、こっちがぶんなげたいくらいですって!

負けるとわかっていても、何しても市民の声を聞かないで決めるのはおかしすぎる!裏に誰がいようと、知りませんがこんな大事なことを市長だけで決めてるのが意味不明です。

個人的な感想や意見になってしまって、申し訳ないです。

 

 こちらもおすすめ! ↓

            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!シングル主婦をやっております。まりもと申します。現在、モラハラ夫と別居中で、年中さんのまりぶーたん、ジイジ、バアバと暮らしております。離婚に向けて自立を目指しながら自身の体験をもとに同じようにモラハラや離婚で悩む方々の役に立てばという思いと自分の記録としてブログを始めました! 子供のことや大好きな横浜周辺の子連れ情報&イベント情報も発信中!よろしくお願いします