【生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス?簡単で効果のあるPMSの対処法とは?

突然ですがみなさんは、女性特有の生理前のイライ などの症状がある「PMS」に悩まされたことはありますか。

ひどい眠気や異常な食欲、そしてイライラがつねに止まらない・・・

まりもは、年々このPMSの症状である生理前のイライラがひどくなってきています。

とくに、ここ1年ほどあきらかにひどくて二重人格なの?!って思うほどのイライラ症状に悩んでおります。

今回は、そんな PMSに悩むまりもの体験談とイライラ解決法についてお伝えしていきます!

 こちらもおすすめ ↓

「PMS」とは一体何なの??

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス
 

女性なら、1度は「PMS」 という言葉を聞いたことがある、または症状を感じたことがあったり悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。

生理1週間から3日前くらいまで続く、身体的、精神的に起こる数々の不快な症状のことです。

英語で「premenstrual syndrome」 を略して「PMS」といいます。日本語では「月経前症候群」ともいわれています。

女性の約7-8割は、「PMS」の症状を感じたことがあるそうです。生理前のイライラや倦怠感や眠気、落ち込みや酷い人では吐き気や頭痛まで症状が出てしまうことがあるんです。

自分では、自覚がなかったけどよく考えてみたら「PMS」だったかもしれない!ということも多いと思います。

「PMS」は女性のホルモンが関係していて女性の出産にはなくてはならない作用であるため、体にとっては正常な働きみたいなのですが、辛い人はつらいですよね(>_<)

まりもは、1年前あたり前からこの「PMS」症状がどんどん悪化していることに気づきました。

生理前の超絶イライラは「PMS」の症状なの?!

生理前の「PMS」の症状 にはいろいろなものがあります。

PMSの症状

・吐き気
・めまい
・過食になる
・拒食になる
・胸が張る
・むくみ
・腰痛
・肩こり・肌荒れ
・下腹部、お腹が痛い  などなど                     

 
人によって、出る症状や頻度などはバラバラですがざっとこんな感じでしょうか。しかし、なぜこんなに困った症状ばかり出るんでしょうか。。
 
 
まりもはというと、ほとんど当てはまります。そして、一番ひどいのがやはり イライラが止まらないという症状です。若い時から、PMSはまたきたかという感覚ではいたのですが年々、増していると感じるのは本当に最近です。
 
この間、自分やばいなと思った出来事は、駅の改札でいきなり肩をぶつけてきた若い子(明らかにわざと)が、ちらっと横目でまりもを見て前を歩いて行ったんです。
 
いつもなら「なんだよー、ふん」くらいで終わるのですがそのときは魔のPMS期間突入中だったため
 
まりも
「なんだあ、わざとぶつかっといて、ちょっとまてくらぁー!!」
 
 
 
っていう勢いで(言ってないよ)早足でそのぶつかってきた子を途中まで追いかけていました。←怖い・・・
さすがに途中で「はっ!( ゚Д゚)」 と我に返って引き返したのですが、そんなちょっとしたことで怒りの感情が抑えられない状態になってしまうんです。(はたから見たら相当やばい人よね)
 

子育てに「PMS」が影響してしまい毎月悩む

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス

そんな、生理前のイライラがひどくなる一方で日常生活とともに子育ての場面でもイライラが出てきてしまうようになりました。

普段から子育てでも、イライラはしますがいつもの何倍もイライラしてしまうんです!

生理前は子供にかなりイライラをぶつけてしまい落ち込む

生理前ちょうど1週間前から「PMS」の症状がじわじわとまりもをむしばんでいきます。自分でも

「きたな、これきてるな」

と分かるほどなのです。でも、どうにも止められない泣 そして生理がきて間もなく症状は緩やかになっていきます。まりもは生理前から約1週間弱は、穏やかという世界から激しく遠い世界にいる状態です。

特に、子育てには影響大でして今子供(まりぶーたんといいます)が年中さんなのですがいろいろと自分でやりたい年頃、少し反抗したい年頃のようでまりもの話をあまり聞いてくれないことが本当に多いんです。

たとえば、ご飯食べるよとご飯を用意して待っていても人形遊びやテレビに夢中でいつまでもご飯を食べない。こんなことはしょっちゅうなんですが、いつもなら少し注意してしばらくして子供もご飯を食べにくるといった具合です。

しかし、PMSのときは少しでもこちらの話を聞いてないと感じただけで怒りがマックス!!

「ご飯っていってるのになんで返事もしないでいつまでも遊んでるの?! そんなに食べたくなきゃ食べなくていいから!!ずっと遊んでなさいー!」

頭に一気に血が上り、怒りの感情が沸点に達してるどころか頭から火山のように噴き出しているようにぶぁーーっと感情とともに言葉が出まくって止まらなくなってしまうんです(/ω\)お恥ずかしい

まりもがこんな怒りマックスなもんだから、 子供も余計に反抗→また怒る→また反抗の負の連鎖が完成してしまい、PMSの間は二重人格なんじゃと思うほどに常にイライラ怒りまくってしまいます。

これが、お風呂から寝る前までこんな調子なため体力は消耗し、寝る直前にはものすごく疲れ切ってしまいます。そして、無駄に怒りすぎたぶん反省して落ち込むというこれまた負のサイクルになってしまうんです。

まりもも、これでは 子供にも悪影響だし自分の心身にも絶対に良くないと身に染みていたのでこのイライラをどうにかしないといかんと考え始めました。

友達に「PMS」症状を聞くがまりもほどではない

ある日、友人たちと集まったとき、生理前の状態についてみんなに聞いてみました。すると、みんなもやはり生理前はイライラがやばいと言っていて、意見が一致しました。

でも、イライラはするけどまりものように 感情が止まらなく抑えられなくなるほどではないようでした。

まりも
「みんな、旦那や子供にもイライラしたり落ち込んだりするって言ってたけど、自分ほどではないみたい。やっぱり、まりものPMSの症状はみんなに比べて酷いのかもしれない」

とまりもは感じました。

シンママやワンオペ育児は「PMS」の症状が悪化しやすいのでは?

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス
 

それから、自分のPMSの症状ときちんと向き合わなくてはと感じPMSについていろいろと考えました。

まりもの症状がひどくなり始めたのは1年ほど前くらい。ちょうど、モラハラ夫との離婚に向けて準備をし始めていたときです。離婚条件をモラハラ夫とメールでやりとりをして離婚協議書を作って送ってみたもののモラハラ夫は無視。

しまいには、婚姻費用を滞納し始めてまりもは、挑戦的なモラハラ夫の態度に心身共にストレスでやられていました。そして、結局、家庭裁判所に間に入ってもらうはめになりました。

詳しくはこちら↓

 

そして、ちょうどその時期から「自立しなきゃ」 という気持ちがとても強くありました。離婚してもモラハラ夫は養育費を滞納する可能性が非常に高かったため、自分の仕事でもっとちゃんと自立できるようにしなきゃだめだ!!というプレッシャーのような、自分を奮い立たせていた時期でもありました。もちろん、いまもそれは変わらず思っています。

今思うと、けっこうな ストレスに囲まれた中で育児をしていたというのもPMSの症状が悪化していった原因なのかなとまりもは思いました。

プラス娘・まりぶーたんは、女子なのに暴れん坊というかやんちゃな部類に入るため平日、保育園から帰ってきても体力が有り余っていて夜も全然寝ません。土日も、がっつりマンツーマンで公園やら買い物やら必ず外へ出かけています。

そう思ったら、 あれ?全然、自分の時間ないなということに気が付きました( ;∀;) まりもは、実家暮らしですが祖父母とはご飯の時間帯も別(たまーに一緒に食べる事もありますがほとんど別です)なため、ご飯もまりもと子供は別で作っています。

実家に頼りすぎてはいけないと思いつつ自然とそうなっていったのですが。。実家にいながら、二世帯で住んでいるような感覚です。

実家は別居してから約3年住まわせてもらっていますが、実家だからとても良い点は沢山あります。特に子供にものすごく怒ってしまったとき祖父母という子供の逃げ場があるから、まりもも別の部屋に行って冷静になれることも多くそれは、本当に感謝です。

でも、それなりに気をつかうことも多く、母との衝突は数知れず。そろそろ出ていく時期なのかもなとも思っています。そういう点でもストレス症状が多少あるかもしれない。

今までのことを振り返ってみると、すごくストレスフルな環境にいてほぼワンオペ育児をしていたんだなと思いました。

シングルで子育てをしているママやワンオペ育児をしているママは、仕事に家事に子育てをフルにこなしているわけですし、それだけでストレスの多い環境にいるんだと思います。

でも、それが当たり前になってしまい、 自分でも気づかないうちにPMSの症状が少しずつ悪化してしまう可能性もなきにしもあらずだなと感じました。

あっ!あとは年齢とかもあるんでしょうね、まりもはアラフォーなのでもしかしたら

更年期とミックスされている?!という結論にもたどり着きました。( ;∀;)ガーン

お医者さんでPMSの症状を相談→漢方を処方してもらう

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス
 

そんなPMSの症状が悪化していたときに、知り合いから近所に 漢方薬を出してくれるお医者さんがあり生理前のイライラのときに通っていたと教えてもらました。

漢方薬は、今まであまりお世話になったことはなかったのですが友人たちが冷え性だったり、何かしら飲んでいるのをよく見ていたため、抵抗はありませんでした。

そして、希望を胸に教えてもらったお医者さんへ行きました。優しいおじいちゃんのお医者さんで、まりもの症状をいろいろと聞いてくれました。

そして、とりあえず2週間続けて飲んでみてまた来てください。ということになりました。そのとき出されたのは「加味逍遥散(かみしょうようさん)」 という 冷え性やむくみ、情緒不安定などに効く漢方薬でした。

2週間、朝昼晩と漢方を飲みましたがどうも効いている気がしない・・・

生理前にも二重人格が顔を出してしまうということで、2週間後、再びお医者さんへ行きそのことを話すと今度は違う漢方薬を2週間飲んでみて下さい。と言われました。

今度は、「抑肝散加陳皮半夏 (よくかんさんかちんぴはんげ)」 という イライラや情緒不安定などに効くという漢方でした。どちらも情緒不安定っていうの前提で出されてるんだけど私大丈夫?。。と思いながら

2週間しっかり飲み続けました・・が、やはり生理前のイライラは微動だにせず。それから、3回ぐらい違う漢方を飲んでみましたが、なぜかどれも効かない( ゚Д゚) なぜだ・・・

逆に飲みすぎて、自分でもわからくなってきたというのもあり、結局は効果がわからないまま漢方は泣く泣くやめたのでした。

まりも
期待してたけど、思った以上に効きませんでした・・泣

「PMS」に効果のあるハーブティを見つける

生理前のイライラがひどい ワンオペ育児 ストレス

漢方に挫折したまりもは、もっとリラックスして解決する方法はないものか と色々と調べていました。そして、 「ハーブティ」にたどり着きました。

そして、また調べていると女性の生理前のイライラなどの症状に効く「ハーブ」があると知りました。それが

「チェストベリー」というハーブ

チェストベリーは、女性のイライラを緩和してくれるハーブでPMSの症状には効果大のハーブなんです。

そして、 「セントジョンズワート」というハーブ

女性の心にリラックスをもたらしてくれるセントジョンズワートは、海外では医薬品としても使用されてるんですって。これは、信頼できますね。

これらが良いあんばいでミックスされていて、ほかにも女性の心身や美容に効果てきめんなハーブを配合しているハーブティを見つけてしまい今は、それを生理前に飲むという習慣ができました!

まりもが飲んでいるのは 「ハレバレハーブティ」というハーブティです!

女性特有の生理前のイライラや気分の落ち込みを緩和するハーブをバランスよく配合しています。ひとつひとつティーパックになっていて、飲むときもカップにパックを入れて、お湯を注ぐだけなのでとーっても簡単です。

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス

ティーパックを1つポンっと入れれば簡単に完了です!

「ハレバレハーブティ」の効果は??

まりもは、いつも生理の1週間前からこのハーブティを飲み始めます。ホットで体もあたためながら飲んでいます。

肝心なPMSの症状の効果は、いまのところ少しづつ 効いていると実感してます!!

完全にすべてのPMSの症状は、なくなっていませんがまりもが一番気にしていた「イライラ」の部分は、飲む前と飲み始めてからでは明らかに変化がありました。

完璧にイライラがなくなったとはいえませんが、今までが120%イライラ だとしたら今は、70% くらいになってきています!

たいしてイライラへってないじゃない?!とお思いかもしれませんが、まりも本人からすると今までが尋常じゃない二重人格ばりのイライラが止まらず治まらずだったので、二重人格までにはならずにいれてる!というのがかなり進歩なんです( ;∀;)

イライラが緩和されていると自分で実感できているのが、本当にうれしい限りです!!

このハーブティは口コミが良くて、最初はまりもも「本当かなー」と期待半分で購入してみました。

正直、ハーブティでこの二重人格が治まるなんて思えないです!

ハーブも特に好きでもなく嫌いでもなくといった具合。まりもの唯一のハーブの知識といえば「ラベンダーはいい匂いでリラックス効果あり」 くらいの知識しかありませんでした。。そして果たしてどんな味なのかというのも想像できませんでした。

色んなハーブのハーブティなんだからすごい匂いで味がにがそう・・

とドキドキしていましたがいざ飲んでみると味は、特にハーブの匂いがきついとか味が独特というのはほとんど感じませんでした。色もまったく普通のお茶と一緒です。

後味もすっきりしてて、思ったより全然飲みやすかった!これなら手軽で続けられそう!!そう思って、今はこのハーブティを飲んでいます!PMSで悩んでいる人は、まずお手軽なハーブティから試してみるのもありだと思いますよ。

 

  \イライラに効くハーブティがいっぱい!/

 

\飲みやすい「黒豆茶」の入ったバージョンもあるよ!/

「PMS」と気長につきあうと決めた!

生理前のイライラがひどい】ワンオペ育児のストレス

そんなわけで、ここ1年くらいで生理前にイライラが止まらなくて悩んでいたまりもですが、やっと自分に合う方法ハーブティという選択にたどり着いて少しずつ、PMSの症状も緩和し始めてきています。

女性なら多くの方が、直面して悩んでしまうPMSの症状ですが本当に深刻になってくる前に一度、婦人科に相談するのがいいですよね。

まりもも、ハーブティという手軽な手段を取りつつも今度、婦人科検診に行くので初めてPMSについて相談してみようと思っています。本当は、ストレスとかもあまり溜めないで快適に暮らせたらそれが一番効果的なのかなとも思うけど実際は、なかなか難しいです。

これからも、長い期間つきあっていかなくてはならないPMSはやっかいだけど気長につきあっていかなくてはならないものと割り切る のも必要ですよね。

PMSとは何か・対処法を知っておくと便利

まりもは、PMSの症状に悩んでいたとき色々とPMSについて知りたくなり本を読んでいました。

PMSを知ることで、自分自身も納得できるし症状が重い場合は、PMSというものがあるんだということを説明できれば、周りの人にも理解が得られるかもしれません。

あとは、対処方法を知っておくと便利だからというのもあります。

まりも
自分のことを知るって大事だなと思いました!

PMSについて知ることができるおすすめの本

PMSの悩みがすっきり楽になる本

生理前のPMSについて、いろいろと教えてくれる本です。漫画タッチなのでとても読みやすく、何やら小難しいのは読みたくないなーという人にはお勧めです。

対処法についても、細かく説明してくれているため実践できるのも良いですね!

PMSバイブル

こちらは、かなり分厚い本です。少し専門的に「PMS]とは何かということを知りたい人にはおすすめです。

これを読めば、女性の体になぜPMSのようなやっかいなことが起きるのかや人間の体の仕組みまで納得できてしまう!名前の通り、まさにPMSのバイブル本といえます!

【送料無料】 PMSバイブル 月経前症候群のすべて / カタリーナ・ドールトン 【本】

どちらも、女性の悩みであるPMSについて詳しく分かりやすく解説してくれていてなるほどという知識もたくさんでまりもも読みやすかったです。

まず、自分に何が起きてるの?って疑問に思ったら知るのは本当に大切ですね!

 

こちらもおすすめ ↓

 
            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!シングル主婦をやっております。まりもと申します。現在、モラハラ夫と別居中で、年中さんのまりぶーたん、ジイジ、バアバと暮らしております。離婚に向けて自立を目指しながら自身の体験をもとに同じようにモラハラや離婚で悩む方々の役に立てばという思いと自分の記録としてブログを始めました! 子供のことや大好きな横浜周辺の子連れ情報&イベント情報も発信中!よろしくお願いします