「愛はビューティフル人生はワンダフル」第91話-94話のあらすじ・ネタバレ!ヘラン・シウォル兄弟の運命は?ジヌの苦しみ・ユラの決断

愛はビューティフル人生はワンダフル 第91話 94話 あらすじ ネタバレ

「愛はビューティフル人生はワンダフル」 第91話-第94話のあらすじ・ネタバレ!です。

ヘランが妹だと知り、ヘランに近づくも拒否されてしまうシウォル。

また、ヘランは相変わらず家には帰らずにジヌの家へ住んでいます。

ジヌの母親の命令を忠実に守ってきたヘランでしたがそんな生活も長くは続きませんでした。

ヘランだけでなくジヌの母親にも今までやってきた数々の悪事が裏目に出る出来事が次々と起こります。

ジュンフィに決断を迫られたユラやキム家を出ていったジヌの決断など今回もクライマックスに向けて見逃せません!

「愛はビューティフル人生はワンダフル」第91話から94話のあらすじ・ネタバレをご紹介していきます。

*この記事はネタバレを含んでいます。

 

こちらもおすすめ ↓

 

    ▼ 韓国ドラマを見るなら作品数NO.1のU-NEXT! ▼

*ボタンをクリックするとU-NEXT公式サイトへ移動します。

*無料期間内に解約すれば料金はいっさいかかりません。

「愛はビューティフル人生はワンダフル」第91話-94話のあらすじ!

 

前回のあらすじ・ネタバレはこちら ↓

 

91話-92話のあらすじ

私の兄だというたわごとを辞めさせにきた。証拠はあるのかとヘランは、シウォルにいいます。

シウォルは見せたいものがあると言いタクシーに乗ります。ヘランは戸惑いながらもタクシーへ乗り込みます。

チョンアはジュンフィにシウォルがキム運転手と示談できたことに感謝しました。そのキム運転手は、ジヌの母親に辞表を渡しますがジヌの母親に物乞いのような奴だなどと暴言を吐きます。

キム運転手は、ジュンフィが自分が夜ご飯も食べれない状況にいたときにサンドウィッチを買いに行ってくれたことをに心を動かされたんだと抗議し、その場を後にします。

キム運転手は、自分に暴言を吐いたジヌの母親の言葉をすべて録音していました。

ヘランはシウォルの部屋へやってきました。そして、シウォルとヘランが5歳のときに撮ったという写真を見せるのでした。

ヘランは、写真だけでは本当に自分かどうかわからないと言います。

施設の館長が「カン」で10月の15日に捨てられたからカン・ボルムという名を付けられた、好きな歌は「お正月」、食べ物はチヂミでヘランが養子にもらわれていくときシウォルに「かならず迎えにきてね」といっていたと説明します。

涙を流すヘランでしたが、自分の前に犯罪者として現れるとはそんなざまで兄というな、自分の兄はテラン1人だけだといいます。

ひき逃げした殺人犯でしょう。これからも他人として暮らしましょう。とひどい言葉をあびせるのでした。

ショックを隠し切れないシウォルは、テランを呼び出し自分が行くと喧嘩になるからとテランにヘランがジヌの家にいることを話します。

 

ジヌの家に入ろうとするヘランをテランは呼び止め、家へ帰ろうといいます。しかし、ヘランは拒否し帰らずジヌの家へ帰るのでした。

ヘランはジヌの母親に、謝りますが指示も守らず電話に出ない秘書がここにいる資格があるのといわれあんたにできるのは暴力かしらとチョンアに暴力をふるった事実をジヌから聞いたとヘランに伝えます。

秘書としては続けさせるけどインターマーケットの嫁としてはアウトだと言い捨て、ジヌの母親は去っていきました。

 

ジュンフィは、ユラにジヌの母親がした暴行事件のことを話し示談はしてが、見逃せないと話します。驚くユラにシウォルにも時間が必要だというもユラに正しい決断をしてほしいとジュンフィは伝えるのでした。

 

キム家にジヌからフードプロセッサーや家電が届けられました。驚くヨンウン達にソラがジヌは家に戻ったと伝えます。

ヨンエは、送り返してといいますがヨンウンはジヌが黙って去ってしまったことを残念に思いつつもジヌの気持ちだから使おうというのでした。

ジヌが忘れていった腕時計をヨナが見つけ贈り物だから、みんなで分けようとチョンアとソラのもとにもってきます。

チョンアは、ソラにジヌがわざと忘れていったといいソラに返すように言い渡すのでした。

 

ジヌの母親はユラから呼び出され家へやってきました。

すると、シウォルに手を出すなといったのになぜ余計なことをしたのかと声をあらげます。

ジヌの母親は、ユラのためにやったんだといいいますがユラは自分がシウォルの人生を台無しにしてしまった、ジュンギョムもどんなに心苦しかったかと涙を流します。

ジヌの母親は、ジュンフィはどうするつもりだとひき逃げのことを背負って一生過ごすことになる、シウォルには手は出さないから長聞会までは我慢してといいます。

ジュンフィは、ジヌの母親のところへ行き会長の座を退くか自分と一緒に警察へいくか二つに一つだと言いその場を立ち去るのでした。

ジヌの母親は、ヘランを嫁にはできない犯罪者シウォルが兄だとは家に置いておけないとヘランを家から追い出すのでした。

 

韓国ドラマを見るなら作品数NO.1のU-NEXTがおすすめ▼

31日間の無料トライアルを体験する▶

 

*ボタンをクリックするとU-NEXT公式サイトへ移動します。

*無料期間内に解約すれば料金はいっさいかかりません。

ジヌがキム家を出て会社に寝泊まりしていると、ソラが腕時計を会社に返しにやってきました。

ソラに食事をしたのかと聞かれ、していない一緒に食べようかというとソラは一緒に食事はするものじゃないわねとソラはいいます。

ソラはヨンウンが落ち込んでいることをジヌにいうと、ジヌも自分も忘れようと頑張っているといいます。

ソラはジヌに「私なんかを一途に愛してくれて、ありがとう。答えられなくてごめんなさい。あなたを許したからもう謝らなくてもいいわ」というとジヌは

「許してくれてももう俺じゃだめなのか」と聞きます。

ソラはジ「ヌの母親とは暮らせない、家族に迷惑もかけられない」と言い残し出ていくのでした。

そこへ、ジュンフィがやってきます。ソラは、ジュンフィにジヌをホテルへ連れて行って食事をさせてほしいと頼むのでした。

ジュンフィは、わかりましたといいジヌのところへいきます。

ジヌは行ってしまったと涙を流しながら、僕を許すそうだ、でも僕はダメだと泣きます。ジュンフィは、そんなジヌを自分の家へ連れていき食事を振舞います。

ジヌは、ジュンフィにソラから母親と住めないといわれたことを話し自分が変わっても母親は変わらないでも母親は捨てられないだろうというと

ジュンフィは、「子供のために嘘をついて他人を技セにする、それが子供の人生を壊しているとも知らずに」といいます。

その二人の話を、たまたまユラが聞いてしまい胸を痛めるのでした。

 

チョンアは、ユラの仕事場にやってきました。

チョンアは、ユラにジュンギョムがパク・クッスンの葬儀をあげていたことを話します。

そして、納骨堂へ行ってほしいとユラにいいジュンギョムと楽しそうに打つる写真をユラに見せます。

君は生きろ、幸せに生きてほしいというジュンギョムに救われた、今でもソラの上から見守っていてくれているはずですと伝えます。

 

キム運転手が録音した暴言の記事が、マスコミに取り上げられ世間が騒いでいました。

ジヌは今回のことは見逃せない理解することはできないから、責任をとって辞任してくれと話します。それが無理なら自分が辞め外国へ行ってもう戻らないつもりだ、ジヌの母親が決めてくれというのでした。

株主総会の席で、会長が辞任するため株主総会が中止するとアナウンスがあり騒然とするなかジヌがやってきて、これからは低姿勢に社員や国民に対して尽くしていきますと謝罪をするのでした。

 

ヨンウンの誕生日である3月7日は、ジュンフィの誕生日でもありました。

チョンアは、よりよってなぜヨンウンと同じ誕生日なのかと悩みつつジュンフィに夜は時間がないけど昼ご飯を一緒に食べようと電話をします。

待ち合わせの店で待つジュンフィは、チョンアがすっかり自分の誕生日を忘れているとすねていましたがスーツケースを持って歩くチョンアの姿に気が付きます。

店についたチョンアに旅行にいくのかとイヤミをいうジュンフィに、1人がいいの2人で行って泣いて1人で帰るよりとチョンアは以前、ジュンフィにふられたときのことをいうのでした。

ジュンフィは、そのトランクを見てあのときにトランクなのかというとチョンアは誕生日に振られた日のことを思い出させるために持ってきた、もう別れましょう。狂犬にかまれたと思ってと当時のジュンフィと同じことを技とチョンアはいいます。

焦って謝るジュンフィにスーツケースを開けてみてといいます。

ジュンフィがスーツケースを開けると、以前に海に行ったときに渡せなかったプレゼントがそのままぎっしりとはいっていました。ジュンフィはチョンアにありがとう、愛してると言い手を握るのでした。

チョンアはお誕生日おめでとうと言ってほほ笑みます。

 

ユラは、パク・クッスンの納骨堂へやってきていました。

ジュンギョムのバスケットボールのフィギュアを見て、ジュギョムが一人でクッスンの葬儀をして病院を映ってからもやってきて泣いていたというチョンアの言葉を思いだします。

ジュンギョムが一人で苦しんでいるのに自分は勉強しろといってしまった。あのとき一緒に警察署へ行っていればこんなことにならなかった、自分が悪かったとユラはジュンギョムに謝るのでした。

 

U-NEXTで韓国ドラマを見る▶

93話-94話のあらすじ

 

ユラはパク・クッスンの納骨堂へいき、自分がジュンギョムをかばってしたことは間違いだったと涙するのでした。

公園でジュンフィは、チョンアからもらった誕生日プレゼントをみてすぐに身に付けなきゃと防止や手袋を身に付けました。

すると、ふたりのもとにバスケットボールが転がってきました。

ジュンフィはそのボールを拾いそばにあったゴールに投げ、「ジュンギョム!誕生日を祝ってくれ」と叫ぶのでした。その様子をチョンアは見守っていました。

テレビではジヌの母親のパワハラ報道でもちきりでした。

ジヌは、ようやく家へ帰ってきました。ソラを忘れる覚悟でしたが、ジヌはまだ未練が残っていました。

キム家では、ヨンウンの誕生日を祝うためお店へやってきていました。ヨナがジヌを呼ぼうというもヨンエが止めます。わかったと言いつつ、ヨナは陰でジヌに電話をします。

ジヌは電話にでて戸惑っていると、ヨンウンが待っているからと一方的にヨナに電話をきられてしまいます。

チョンアは遅れて店に到着します。ジュンフィが顔を出すというと酒を飲まされ歌を歌わされるからとチョンアにいわれ帰ろうとするもジュンフィはお店にやってきました。

みなで一緒に誕生日を祝っていると、ジヌが店の前までやってきました。しかし、ソラを見て「自分の家族を傷つけたくない」というソラの言葉を思い出してジヌは引き返してしまうのでした。

ヨンウンは、ヨナに何を願ったのかと聞かれ「うちの娘たちが来世でも自分の娘であるように、そのときは父親の役目を果たすから」というのでした。

みなで店を出て、二次会のカラオケにいくのを陰から悲しそうに見ていたのはジヌでした。

 

ジュンフィが家へ帰ると、ユラが一人でリビングに座っていました。

テーブルの上には、ジュンギョムが納骨堂に置いていたバスケットゴールのフィギュアが置いてありました。

 

ユラは、自分がジュンギョムのひき逃げ事件を捜査して隠したということをジュンフィに話すのでした。

ジュンギョムはその間も苦しくて怖かったことことかというとジュンフィはジュンギョムは自分のせいでユラが壊れてしまったことに苦しんでいた。

シウォルの濡れ衣を晴らしてほしいとジュンフィはいうもユラは、ジュンフィをひき逃げ犯の息子といって後ろ指をさされるのは嫌だ、最高長官は辞退するけどシウォルには事実は離せないといいます。

ジュンフィは自分は覚悟しているから早く決断してほしいと伝えるのでした。

そして、ユラは最高裁長官の座を辞退するのでした。そのことがジヌの母親に知れてユラのもとへジヌの母親がやってきました。

急いで車に乗ると、運転手がシウォルであることに気が付き下ろせとジヌの母親は叫びます。シウォルはなぜ自分を刑務所へ送ろうとしたのか理由を教えろというのでした。

ジヌの母親がヘランに何か聞いたのかというとシウォルはヘランに聞くのが一番早かったなと車を出ようとするとジヌの母親がヘランはジヌと不倫をして事故を起こして死ぬところだった、あんたの妹は家庭を壊したんだとシウォルに言うのでした。

ジヌはヘランに電話をして、会社に来てないようだがというとヘランは会社にやってきます。

ジヌからヘランにクビを言い渡されてしまいます。ヘランは罪の意識がないとジヌが言うと、ヘランはキムソラの妹をいじめたからなのかソラのことでかはっきりさせてほしいといいます。

ジヌからヘランとの思い出は最も恥じるべき思い出でできるなら決してしまいたいといい、大泣きするヘランを置いて部屋を出ていってしまいました。

すると、外で待っていたシウォルがジヌにいすぎじゃないのか、不要になったら捨てるのかといいシウォルはヘランを連れて帰ろうとします。

ヘランはシウォルに兄なら自分のかわりに殴って仕返ししてよと泣き叫びます。ジヌはヘランに家族はいないといっていたじゃないか君に真実はあるのかといいます。

するとシウォルがジヌに近寄ってきて殴りかかりそうになりますが、ぐっとこらえヘランを連れて部屋を出ていくのでした。

 

ジヌの母親はユラのところへやってきました。そして、最高長官をなぜ辞めたのかと問いただします。

ユラはシウォルにすべて話すといい私にすべてまかせてと冷静にいうのでした。

ヘランは、シウォルの部屋にきていました。シウォルは、ヘランにおまえも優しくて愛してくれた家族や父親を捨てたじゃないか、甘えるなといい数日間よく考えろと家を出ていくのでした。

ムン警部のところに、シウォルがやってきました。ムン警部はシウォルにDNA鑑定の結果を見せるのでした。

結果は血のつながりがあったということでした。ヘランは自分の部屋にいて友達の家を出たけどまだしばらく戻れない様子だと伝えその間、自分がヘランの部屋を使うとシウォルは言うのでした。

そこへムン警部がやってきてヘランは1人でd大丈夫なんだなとシウォルに聞きます。

大丈夫だから来たというと、ムン警部は何か必要なものがあればいってくれとシウォルにいうのでした。

 

ソラはラジオの収録をしていましたが、どこか上の空です。

収録後、プロデューサーとテランとソラでご飯を食べに来ましたが急遽、プロデューサーが呼び出しをされて席を外してしまいます。

テランは、後ろの席に座りソラと背中合わせで座り食べ始めました。

昔、ソラと背中合わせでご飯を食べたことを思い出しながら食べようとテランはいい、収録中に上の空だったソラに、何を考えていたのかと聞きます。

ソラはジヌが、株主総会で謝った姿を思い出し「どんな表情をしていたかわかる。皆に申し訳ないと思っていたからしばらく顔をあげられなかったはず、可哀そうだわ」といいます。

「そんなに気になる?見えない表情まで気になるのは君くらいだ」とテランはいい、複雑な表情をするのでした。

一方、ジヌはジヌの母親にソラもヘランも去ったけどどうするのと聞かれ、ジヌは一生誰とも結婚しないソラ以外はいらないというのでした。

そして、ソラのことを忘れられずにソラの仕事場に向かうのでした。すると、夕食を終えたテランとソラがラジオ局に戻る姿を見つけてしまいます。

2人でラジオ局に入る姿を車から見たジヌは、そのまま家へ引き返してしまうのでした。そして、家に帰るとにんにくを大量にむき始め家政婦やジヌの母親を困惑させますがジヌはにんにくをむきながら涙を流していたのでした。

 

ユラはジュンフィにシウォルに「自分が何をして何者なのかを話すと伝えます。しかし、ジュンフィがそばにいたら自分は何もできなくなるし話せない、ジュンフィが後ろ指をさされているのを見てはいられないからロンドンへいってほしい、そうすればジュンフィのいうとおりにすると伝えるのでした。

ジュンフィは、ユラの提案に頭を抱えてしまいます。

リムがチョンアの家にお土産を持ってきました。そしてチョンアに会社のことを聞かれると、ジヌがトップになり会社がとても良い雰囲気になった話します。その話をソラがこっそり聞いていました。

そして、ソラはジヌが去るときにジヌが最後にデートしてほしいと言っていたことを思い出しましたが、ダメダメと頭をふって元気ならそれでいいじゃないと自分に言い聞かせるのでした。

 

停職中のチョンアが交番の車を洗っていると、交番の前に若い女学生が立っているのを見つけました。

チョンアがどうしたのかと聞くと、何でもないと女学生は行ってしまいました。チョンアは女学生の靴の色が左右違うのを見て不思議に思います。公園で座っている女学生にチョンアは声をかけます。

何でもないという女学生の首の後ろにあざがあるのを見つけたチョンアはさりげなくマフラーを巻いてあげます。

すると、女学生はチョンアにお金を貸してほしいというのでした。

チョンアは、女学生にご飯を食べに行こうと誘い理由は聞かないから話したくなったら話してと自分の電話番号を渡すのでした。

チョンアは女学生にお金をおろして渡します。すると女学生は自分の身分証を渡し必ず返しますと言い去っていきました。ソンイという女学生の後を付けていったチョンアは、学生たちにいじめられているソンイを携帯で陰から録画するのでした。

パトカーのサイレンが聞こえ、女学生たちが逃げていきソンイもその場を後にします。

ジュンフィは、ユラにロンドンに行きなさい、そうしたらジュンフィの思い通りにすると言われたことを伝えに交番でチョンアを待っていました。

交番へ帰ってきたチョンアにジュンフィは、話がある言います。そして、唐突にジュンフィはチョンアに「一緒にロンドンへ行こう、そこで暮らそう」と言います。

チョンアは旅行ではなく暮らしに行くの?と驚きを隠しきれません。

 

 

       \U-NEXTで韓国ドラマをお得にみよう!まずは無料トライアル!/

*ボタンをクリックするとU-NEXT公式サイトへ移動します。

*無料期間内に解約すれば料金はいっさいかかりません。

 

こちらもおすすめ ↓

 



            \楽天ルームやってます!のぞいてみてね/

楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!まりもです。自立に向け奮闘中のママです! 主に横浜子連れお出かけイベント情報・韓国ドラマ・女の職場&女の生態 ほかにもママファッション・買ってよかったものなど色々紹介してます!             ツイッターとインスタグラムもやってます!  ↓ 応援してもらえたらうれしいです!